『ゲイカルチャーカフェ 〜 gossip』

+ 2016年10月 gossipは、web-gossipとして、SNS(Facebook,Twitter)、ニュースレター、ブログなどで発信と配信を再開します。
We are back as ”web gossip”.
* Facebook:https://www.facebook.com/gossipTokyo
* Twitter:https://twitter.com/gossipTokyo

+ 2016年8月末 東京・表参道 ゲイカルチャーカフェ gossip は2016年8月末で営業を終了しました。
Tokyo’s first gay-culture cafe gossip (OP2010-CL2016)

+ 2010年10月10日 東京・表参道で『”gossip” 〜 cafe, drink, music, books, gay, culture, tokyo』をオープンしました。

* Facebookとtwitterでは、毎日発信しています。ニュースレターは現在毎月一回の発行です。

* ブログ(ニュースレターの登録も): http://gossip-cafe.com/
* Facebook:https://www.facebook.com/gossipTokyo
* Twitter:  https://twitter.com/gossipTokyo

~ ~ ~ ~ ~ ~
『gossipとは。  「ゲイカルチャー」「アートなセクシャリティ」そして「多様性」をキーワードに、独自のフィルターを通して選んだ書籍と真空管アンプのある、『食事空間』 兼 『書店』です。 アルコールは明るい昼から、夜遅くまでフレッシュなコーヒーを。文化的高感度な老若男女のみなさまに、気持ちのよい時間を提供します。

“gossip” is cafe, bar, and bookstore, with good music on custom made tube amplifier. We host/have some event related with art, books, LGBT and more. Nationality, sexuality, age, does not matter, needless to say!  We speak English and English Menu available.』

gossipを創りたかった理由

原点。セクシャリティよりパーソナリティ

gossip を作りたいと思った理由を書きます。 ヤングやキッズの中には、自分の性認識が原因で将来を悲観し、彼らの自殺率は平均より高いというレポートがあります。セクシャリティが人と違う事だけで、どうしてそんなマイナスな人生を送る事になるのでしょうか。「そんな事は気にならないし、気にしない。偏見無く、特化せず。どんな人も同じ空間で過ごしている」そんな「普通な場所」があって良いと思ったのが最初です。

大切な事はセクシャリティより、パーソナリティ、とあたりまえに感じている人がこんなにいるんだ、と安心できる場所。そんなヤングやキッズが、親類縁者や親御さん、ご友人と堂々と行ける場所。そして親御さんも安心できる場所。

これが「普通」でかっこいい大人達の集まる gossip のありたい姿です。

基本理念

ビジョン(未来像)
各々の多様性を理解、尊重し、提供する場と商品を通して、コミュニティの活性化、発展に貢献する。
“Accepting and respecting diversity, we contribute to the development and promotion of an active and inclusive community.”

スピリット(精神)
ココロで考え、アタマを使って行動する。

スローガン
「ONE LOVE」何かを、誰かを、大切に思う気持ちとは、それがどんな対象であってもどれも同じで、ひとつのLOVEです。

ハチドリとは

ハチドリは、北米や南米に主に生息する小さな鳥です。きれいな色合いと種類の多さからか、「空飛ぶ宝石」とも呼ばれています。

主な生息地である、北米/南米では、毎年、庭にやってくるのを楽しみにしている、とても羨ましい人達がいて、多くの人たちが訪問状況をブログや動画にアップしています。

私自身は、何年も(何十年?)も前に米国で何度か、ハチドリと遭遇しています。最初に見たときは本当に衝撃的でした。まさしくハチ? トリ?です。それも普段通りに町を歩いていたら、花の咲いた茂みの辺りを飛んでいたのです。

Details »